建築技術に関する用語についてはこちら

   校倉造り
    読み方:あぜくらづくり 一種のログハウスのようなもので、木材を断面が菱形 にな...
   リモデリング
    英語で増改築工事を意味する言葉。日本では同じような 意味で和製英語のリフォーム...
   陸屋根
    ほとんど平らな状態の屋根のこと。ビルやマンションに 用いられることが多い。 ...
   スティックハウス構造
    棒を組み立て造った家という意味で、軸組木構造 のこと。...
   インフィル
    内装のこと。...
   耐震構造
    柱を太くしたり壁を広くとるなどして、建物を支える部分 の強度そのものを高める工...
   内断熱工法
    壁の中に断熱材が施される、日本従来の工法のこと。 グラスウールやロックウール、...
   外断熱工法
    内に入れられていた断熱材を外に出し、壁自体を覆 うことで基本構造部分のまわりの...
   はつり作業
    建築現場で、劣化したコンクリートを削ったり壊したり するなどの作業のこと。...
   キャンチ構造
    上階の一部が張り出している構造のこと。張り出し部分 が一端の固定支持のみで片方...
   スケルトン
    床や壁、天井などを仕上げていない状態。店舗物件に 多い。...
   モデュール
    建築設計上の基準となる単位、寸法のこと。...
   プレカット
    建築部材をあらかじめ使用する寸法にカットしておく こと。施工現場での作業を簡略...
   ドライエリア
    地下室がある建物の地下外壁に沿って設けられる 空堀りのこと。採光や通風、防湿の...
   混構造
    異なった構造材料を混用した構造のこと。住宅では 造と鉄骨造、木鉄骨造と鉄筋コン...
   SV規格
    SとVが縦に重なって図案化されているマーク。壁紙 製品規格協議会により、快適・...
   S造
    Sは「Steel(鉄)」で、鉄骨を材料としてつくった構造 のこと。強度、耐久性...
   基礎パッキング工法
    基礎と土台の間に隙間を開けて、床下の換気を 促す部材を基礎パッキンといい、それ...
   小屋伏図
    屋根の構造部分を真上から見下ろした平面図 のこと。...
   躯体
    読み方:くたい 構造体のこと。建築物の骨組みにあたるもっとも 重要な部分になる...
   杭基礎
    地盤が弱い場合に、コンクリートの杭を深く打って 深い位置にある地盤で建物を支え...
   天井
    居室の床仕上げ面から、天井の仕上げ下面まで の垂直に測った距離は、2.1メート...
   型枠工事
    コンクリートを打ち込み成形するための枠組の 組み立てや解体に関わる工事のこと。...
   大家根
    いくつもの階にわたって、ひとつの屋根をかけた ものをいう。これによると、傾斜の...
   漆塗り
    漆の木から採れる主成分がウルシオールという樹液に、 乾燥材や油などを混ぜて作っ...
   意匠図
    平面図・立面図・断面図・仕上表・配置図・建具表 などの総称で、構造図や設備図な...
   MSDS
    「Material Safety Data Sheet」の略で化学物質 等安全...
   L値
    戸建て住宅やマンションの床の防音性能、遮音 等級を評価する数値のこと。...
   N値
    地盤の強度を表す値のこと。標準貫入試験とい う方法で求められる。...
   洗い出し仕上げ
    コンクリート塗り、モルタル塗り、人造石塗りなどに 用いられる塗り仕上げのひとつ...
   小壁
    幅を狭くした、主に内法材から天井までの間の壁 のことをいう。 ...
   京間
    京都を中心に西は九州地方まで日本伝統家屋に 用いられていた6尺5寸(約197c...
   壁量計算
    小規模な木造住宅などの地震や風に対する水平耐力 を確認する簡単な計算方法のこと...
   壁式工法
    壁と床を一体にして積みあげる工法のこと。柱の出っ張り がなく、経年変化や経年劣...
   掛込み天井
    草庵風の茶室に使われる天井の形式の一つ。...
   おさまり
    部材と部材の取り付け具合や総合的な出来のことをいう。 ...
   擁壁
    造成工事などにおいて、土砂の崩壊を防ぐために造 られる壁のこと。擁壁の構造や...
   江戸間
    江戸とその周辺で使われてきた、一間を六尺 (1m82cm)にしている間取りのこ...
   内法
    読み:うちのり 開口部などにおける内側の寸法の事。 ...
   芋目地
    タイル、ブロック、レンガなどを積むときに縦の目地が2段以上 通るようにしたもの...
   一文字葺き
    屋根の水平方向が一直線上につながるようにした 葺き方のこと。...
   いちころ仕上
    塗装や左官工事で、通常いくつかの工程をかけてする 作業を一度で仕上げること。...
   一体式構造
    型枠を組み鉄筋を入れた後にコンクリートを打った、 つぎめがなく連続した形でつく...
   移築
    建物を別の場所に移すこと。解体して運んでから 復元する方法と、そのまま建築物を...
   面格子
    読み:めんごうし よく台所の窓などに使われる、縦にうちつけた格子 のこと。...
   バタフライ屋根
    屋根の傾きは一般に中央を高くしてつくられるが、 反対に中央を両端よりも低くした...
   ウェット工法
    昔からよく使われてきた、水を使った土壁やモルタル壁 などの壁工法のこと。...
   ドライウォール工法
    水を使わずに、ボード状の壁仕上げ材でつくる壁工法 のこと。...
   木舞
    読み:こまい 土塗り壁の、土を塗る前の下地のことをいう。...
   腰高布基礎
    連続したコンクリートでつくられた基礎を布基礎 と呼び、浴室まわりなどのほかより...
   布基礎
    連続してつながったコンクリートの基礎のこと。以前は石を並 べてつくったものもあ...
   マンサード
    「腰折れ屋根」ともいう。切妻屋根の屋根部分を2段に 折り、4つの面からできてい...
   木びろい
    設計図を見て、どういう種類の、どの寸法の木がどのくらい 必要かを判断して拾い出...
   木取り
    木を丸太から製材するときに、どの部分を板材にするか、 どの部分を角材にするかな...
   カンチレバー
    マンションバルコニーや、ひさしといった、柱や壁から突き出 しているはりのこと。...
   切り妻
    屋根の形状の一つ。もっとも広く見られるもの。屋根 面が二枚で構成されている。 ...
   境界認識
    隣接する土地や、道路などとの境界をはっきり させるために建てるコンクリート製の...
   縁がまち
    雨戸の敷居をもうけてあるかまちのこと。...
   エレベーション
    四方各面の外観を寸法的に表したもの、立面図。 単に外観のことを指すこともある。...
   エスキース
    簡単に描いた間取り図・平面図のこと。...
   うだつ
    妻側の棟木を支える小屋束のこと。この「うだつ」 が立たなければ、家を建てること...
   入母屋
    読み:いりもや 屋根の形式のひとつ。かわらぶきの中ではもっとも 豪華に見える。...
   あげ床
    台所の床板で取りはずせるようになった部分のこと。 あげ床の下は収納になっている...
   赤ぐされ
    材木の腐朽状態をいう言葉。木の腐朽がかなり進むと セルローズが分解し、赤茶色の...
   エンボス加工
    型押しを施すなどして、表面に凹凸の模様をつける加工 のことをいう。クッションフ...
   フーチング
    「footing」。布基礎の底部を幅広くした構造のこと。 ...
   四方差し
    四方から通し柱の一ヶ所に横架材や貫を差して十字 形に接合する仕口のこと。 ...
   観音開き
    開口部の中央部で合うようにしたつくりの両開きの扉。 建具の開閉形式の一つ。...
   オイルフィニッシュ
    「oil finish」。油性塗料を木材の表面にしみ込ませて仕上 げる塗装方法...
   犬走り
    建物の外周部や軒下を、石や砂利、コンクリート敷きに にして固めた部分のこと。雨...
   アスファルト防水
    アスファルトフェルトやアスファルトルーフィングをアス ファルトで2〜4層にして...
   相欠き
    読み:あいがき 2つの接合する木材にそれぞれ切り欠きを作って組み合 わせて接ぐ...
   網代天井
    読み:あじろてんじょう 網代とは「あみむしろ(網筵)」の略で、スギ・サワラ・ ...
   アスファルトシングル葺き
    アスファルトフェルト類にアスファルトを塗布し、着色砂を付 着させたアスファルト...
   免震構造
    建物と地盤との間に積層ゴムなどを利用して免震層を 作ることで、地震力を建物に直...
   合掌造り
    大型の木造家屋で、雪の多い地方での造り方。 かやぶきで急傾斜な切妻造りの屋根が...
   リシン仕上げ
    大理石骨材にセメント、合成樹脂、顔料などを加えた 塗材をリシンと呼び、この塗材...
   ラーメン構造
    ラーメンはドイツ語で「枠」や「額縁」の意味。鉄筋 コンクリート造などの工法の一...
   プレハブ
    「Prefabricated」が語源の和製英語。プレハブ工法。 柱、壁、床など...
   ゾーニング
    家の中を生活の場面別にゾーンに分けて考えること。 動線とともに、部屋の配置を考...
   シェル構造
    曲面板構造、貝殻構造とも呼ぶ。主として鉄筋コン クリート造で用いられる。貝殻状...
   ベタ基礎
    家を建てる際の基礎工事の一つの工法で、建物を支える 下部構造のこと。鉄筋コンク...
   オープン工法
    建築基準法に定められた工法で、工務店や職人など誰で もが採用できる工法のこと。...
   アンダーコート
    下塗りのこと。塗装面を平らで滑らかにし、塗料のムラ やにじみを防ぐために行う下...
   アウトポール
    室外に柱の出っ張りを出す建築工法のこと。柱を部屋の外に 出すことでデッドスペー...
   2×4(ツーバイフォー)
    日本での正式名称は枠組壁工法。北米の木造建築の伝統 的な工法で、躯体を構成する...
   HRC造
    HRCとは、「Hard Reinfarced Concrete」の略で、 高強...
   ALC造
    建築構造の一つでALC製のパネルを使用したものをいう。 ALCとは、「Auto...
   打放し
    コンクリート肌面の上に仕上げ材を施さずに、コンクリートの 型枠を取り外したその...
   RC造
    鉄筋コンクリート造のこと。 Reinforced Concrete造を略したも...

不動産の契約

不動産の法律・税金

建物

住まい・その他