明認方法

立木や木になっている状態の果実、稲立毛などの

所有権について、慣習的に認められている公示方

法のこと。具体的には立木の皮を削った部分に所

有者の名前を墨書したり、焼印を押すなどで、その

方法も慣習に委ねられている。明認方法には対抗

力が認められている。その立木が生えている土地を

第三者が取得しても、予め明認方法を施しておけば

その第三者に対して立木の所有権を対抗できる。

不動産の契約

不動産の法律・税金

建物

住まい・その他