公示の原則

排他的な権利の変動は、外部から認識できる一

定の表示を伴わなければ完全な効力を生じない

という原則のこと。具体的には、動産は引渡し、

不動産は登記によって第三者に対抗し得るという

形でこの原則を採用している。登記を行わなくても

当事者間ではその変動は有効だが、第三者が絡

んで問題が生じたときには登記が対抗要件になる

ということ。

不動産の契約

不動産の法律・税金

建物

住まい・その他