共同申請主義

原則として登記をする場合、登記権利者と登記義務

者または代理人が一緒に登記所に行って、共同で

申請をしなければならないとされている。利益・不利

益を直接受けるものが共同して行うことで、実体に

合った登記が行われることを目的としている。相続

などの共同で行えない登記や、所有権保存登記な

どは単独で申請される。

不動産の契約

不動産の法律・税金

建物

住まい・その他