階段

上下階を昇り降りするためのもの。その寸法が

建築基準法で定められており、住宅の場合は、

足をのせる踏面(ふみづら)が15センチ以上、1

段ごとの高さが23センチ以下となっている。使い

勝手と安全性の面からは、踏面が23センチ以上

1段の高さが22センチ以下が望ましいとされる。

不動産の契約

不動産の法律・税金

建物

住まい・その他