一画地

相続税や贈与税における宅地の財産評価の利用単位

のこと。登記簿上の一筆の土地と必ずしも一致せず、

二筆以上の土地を一画地と言ったり、反対に一筆の土

地を二画地ということもある。

不動産の契約

不動産の法律・税金

建物

住まい・その他